おとうは小学5年生の時から現在までギターを弾き続けている強烈なギターマニアなのです。おやじのギターたちを見てやってくさい。

おとうのブログはこちらから。 癒し系 おやじ&おばさんバンド ABO のHPはこちらから。

Martin

D-18

New

2015.8.8

昔の同僚がMartinの代理店に移籍して今日はお茶の水楽器祭りをやっていると言うもんですから冷やかしに来ました!
えっ!このD-18そんなに安くしてくれるのー?しかも私くしの大好きな杢目!マホガニーのフレームびっしりじゃないですかーしかも爆音!
・・・また買っちゃった・・・
因みにおかん了承済みです!!!悪しからず・・・

GALLAGHER

GL-9D

1990年代

#305116

NM

2010.2.22.36

見っけましたよ〜Dobroのボディーシェイプを持つ GALLAGHER GL-9D です。

此れは1990年代初頭に神田商会が米国ギャラガーのライセンスを得て、モーリスギター製造等で実績のある寺田楽器に製造を依頼した純国産で、本家より明らかに造りが良いです。

トップがスプルースでヘッドにトーチインレイが入れられ、アンプラグドでクラプトンが使用したリゾネーターの雰囲気を醸し出しています。

しかしクラプトンの物はボディーシェイプがドブロっぽくなく、マーチンのOOかOOOの12Fをカスタマイズした物と云われていますよね。弾き傷が全く無いニアミントで音も其れなりです。コストパフォーマンス最高です。 

YAMAHA

FG12-301

1979年

高校2年生の時、母に買ってもらったヤマハの12弦ギターです。

当時フォークソングの伴奏に大活躍しましたね〜。

学園祭の時こいつを弾きながら歌っている写真が出てきて懐かしかったですよ。

チューニングが面倒で、6弦で弾いていたときもあったな〜。

弾き傷はいっぱいありますがいい思い出ですね、傷は多いですが30年数年大切に弾いています。

KISO SUZUKI

W-65HA

1970年代

NM

ジャパニーズビンテージ KISO SUZUKI ダブコピーモデルです。

フレットの減りが全く無く、ネックも真っ直ぐで弦高が低く、非常に弾きやすい極上品を見つけました。

全て合板ですが音もそこそこで雰囲気たっぷりに鳴っています。

1970年後半の物と思われますが、しっかりとした造りで、ほとんど傷のないN MINTコンディションです。

たーやんに獲られました。

Fender Japan

57 Stratcaster

2010.04.28.5712

軽音部に入った孝美の為に買ってあげた、Fender Japan 57 Stratcaster です。

自分も高校生の時、お袋に Greco のストラトコピー SE-600 のナチュラルを買って貰ったっけな〜何処往っちゃったかな〜

孝美の希望でオールド・レイクプラシッド・ブルーのメイプルネックにしましたが、結構良い色ですね。

リードギター担当だそうで取り敢えず学園祭に向けて練習がんばってます。けいおんって感じです。

Fender Japan

62-DMC

Precision Bass

2010.01.24.4725

突然ベースギターに目覚めた周造兄ちゃんが自分で買いました。

62年スタイルのプレベです。

アッシュダウンのコンパクトコンボアンプで鳴らしてます。アンプだけはプレゼントしてあげました。

Roland

AC-60

BOSS

AD-3

ABOのリハーサル中に待望のAC-60が届きました。早速AC-60にプラグドしジャ〜ンと弾いた瞬間全員が「全然違う!」かみさんだけが「亦機材にお金掛けて、プンプン」エレキ用アンプではどうトーンを絞ってもエレキチックに為って仕舞いますが、AC-60ではアコギ本来のサウンドが拡がります。BOSSのAD-3をプリアンプとして使用しています。アコースティックギターのサウンドを、こいつはそのアコースティック感を損なわずに美しく響かせるプロセッサーでプロ用機としても高い評価を受けています。
SHURE BETA58A

AUDIX F-15

SHUREのボーカル用ダイナミックマイクとAUDIXの楽器用コンデンサーマイク。

コンデンサーマイクはアンダーサドルピエゾとミックスする事により、アコギのよりナチュラルなサウンドを100%引き出します。

▲おとうのページTOPに戻る

TOPページ | さとちゃん日記 | Information | 家族のページ | Profile | オハナだワン | リンク